実話 怖イ話 短編

夜の学校

4.5
(2)

これは私が体験した、中学2年生の時のPTA親子会で起こったことです。
私たちは夜の学校を舞台に肝試しをしました。
中学生側は3人1組になって校舎内を回るのですが、
教室内や廊下に親や先生が隠れていて脅かしてくるという仕掛けがありました。

私は警戒して周囲をよく見渡し、脅かされないようにしていました。
3人の中で誰よりも前後左右を確認し、かなり遠くまで見渡すようにしていたと思います。
すると進行方向の廊下の角からこちらを見ている顔があったのです。
顔は半分ほど角から出ており、髪は長く女性のように見えました。
その人はずっとこちらを見ていたので「どうせ脅かしてくるんだろう」と思いながら、
私は一緒の組の2人に「進行方向に親がいるから気をつけろよ」と言って警戒させました。
私たちが廊下の角に近付いている途中でその顔はひょいと角の方へと消えてしまったので、
いよいよ脅かしてくるんだと思い「おいみんな、角から親が出てくるから見てろよ」と、
ちょっと余裕ぶって言いました。

しかし、廊下の角には誰もいませんでした。
廊下の角を曲がった向こう側にも、廊下の途中にある美術室にも誰もいませんでした。
美術室は鍵が掛かっていたので中に入ることは不可能です。
また私たちがいた場所は1階だったので、もしかしたら外に逃げたのかと考えました。
ところが、廊下の窓の鍵は閉まっていたので外に逃げたなら鍵は開いているはずです。
一緒の組の2人は私が警戒させたにも関わらずどうやら角の顔に気づいていなかったようで、
私が慌てて廊下や教室を確認しているのをきょとんとした様子で眺めていました。
私は恐怖に駆られ、「逃げるぞ!」と2人に叫び、ゴール地点まで一緒に走って逃げました。

この事件の真相を知りたかったので、
私は肝試しが終わった後に親や先生に廊下の角で脅かす役をしていた人がいなかったか尋ねました。
しかし、誰に聞いても「そんな役をしていた人はいない」と言います。
仲の良い友達に「美術室の廊下の角に誰かいなかったか?」と聞いてみましたが、
私のように誰かを見たという人は誰ひとりいませんでした。

不審に思いましたが、よく思い出してみると、私の中学校は元墓地だった場所に建てられたという噂がありました。
校舎や体育館で怪奇現象が起こったり心霊写真が撮れたりした話を何度か聞いたことがあります。
友達のお兄さんが体育館で心霊写真を撮ってしまったという話もありました。
やっぱり、あの女性は生きていない人だったのかもしれません。

投稿者:ドライフルーツ

星をクリックして評価してね

平均 4.5 / 5. 評価数 2

理由をお知らせください

-実話, 怖イ話, 短編

© 2021 #謎メッセ